「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

研究室のOB同士飲み会にて

先日お世話になっていた研究室のBBQパーティに参加してきた。
久しぶりに英語で留学生と会話する機会も結構あって楽しかった。

パーティの後に、OB同士5人で集まって飲もうという話に。
メンバーは某テレビ局の記者と銀行ウーマンとシステム会社のSIと同期の友達。

皆社会人経験も浅いが、異業種で色々話が聞ける機会もそうないのでwktk

会話は最近の出来事からゲスな話になり、そのあと価値観とか結構重めの話になる。
お酒も入って調子にのった僕は、最近頭の中で考えてた自分なりの価値観を先輩や同期にぶつけてみた。
反論があった部分もあれば、強い賛同も得られた部分もあって改めて考えはぶつけてナンボであると感じた。

お陰様で、社会人という異世界に対する不安が少し和らぐと同時に自信がついた。
またこのメンバーで集まりたいし、次には社会人になってもっといろんな考えとか情報を提供できるようになりたいと思いました。

思い通りにならぬ時
周囲に不満がある時
個性はきっとその先

  1. 2010/04/30(金) 23:38:35|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CPU占有率

今朝は会社に提出する健康診断書を書いてもらうために、健康診断に行ってきた。

豆知識(常識?)ですが、こういった場合、家の近所とかにある小さな病院の方が安く書いてもらえます。
家の近所のでかい病院2つほどに聞くと、3万円~2万円かかるのに対して、僕が行ったところは9千円で済みました。

本当に小さいころからお世話になった病院で、風邪をひいてはよく母親に手をひかれながら行った覚えがあるところです。
ちなみに僕の乳首には長い毛が左右両方7本ほど生えているのですが、処理せずに行って心電図をとるときに恥ずかしい思いをしたのは秘密である///

健康診断を受けて、家に帰り、入社に向けた勉強をしていると頭の中が徐々に新しい生活に向けて切り替わっていくのを感じる。
部屋どうしよう、とか、上手くできるのだろうか、とか不安感が多くを占めるのは否めないですが、同時にやはり楽しみな気持ちもあります。

そんな短期的流れを見据えた思考の中で、統計的に見た時人生のほぼ3分の1はもう終了していることにふと気付く。
人生の何と儚いことか。

青春最後の一ヶ月ちょっと。
節目を意識して行動していこう。
それは非日常に自分を埋没させるのではなく、日常に感謝しながら行動したいと思う。
高田渡は、日常を唄うことこそが本当の反戦であると言った。
僕もそう思う。
日常はそれほどまでに尊く、自分を自分たらしめているものであふれている。
少しでも多くの人にこれまでの感謝の気持ちを伝えたいと思います。

伝えて伝えて受け止めて。
動いて動いて立ち止まる。
笑って笑ってシリアスに。
そういう日常素敵やん。

011_20090327130028.jpg
  1. 2010/04/22(木) 00:06:05|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続けるということ

元バイト先の後輩達に最近のブログ更新の怠慢について指摘されたので、これから東京に行くまで一つの京都での区切りとして書いてみることにした。

最近の僕は睡眠50%、遊び40%、勉強10%って感じです。

俗にいうスマートフォンが欲しくて欲しくてたまらなかったので、Xperiaが出て速攻買ってしまいました。
ドコモは今までもスマートフォンを出していましたが、どれも触ってみて微妙だとおもっていました。
そんな中Xperiaは僕の中での満足度基準をクリアしていたので購入に踏み切りました。
笑うがいい。ふっ。

XperiaはiPhoneよりも設定をいじる自由度が高い(裏を返せば完成されていない)ので、バッテリーを持たすためにあれこれ工夫したり、アンドロイドについて勉強したりすることでちょこっとIT知識が強化された気がします。たのすい~~。

まぁあれこれと非生産的なことを書いてきましたが、つまりは毎日じゃないにしても書き続けるという事ですわ。

物事を続けることは難しい。
続けられたとしても、成長しながら続けることはもっと難しい。
一定のレベル以降において、継続は停滞になりがちである。
ではどうすればいいのか?
そこから始めよう。
肝に銘じながら頑張ります。


20100328kusur05.jpg
  1. 2010/04/17(土) 18:16:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハラガイタイ

最近修士論文のプレッシャーが僕に大きくのしかかっている。

会社から渡されたセルフスタディの本5冊のうち1冊は読んだけど、他は全く手をつけられていない状況。
しかも、できるなら学習計画を提出して欲しいなぁという会社からのメールに対して返信していない。。。

先週末には研究室の、ある先生からは修了したいんやんな?やる気ある?みたいなメールが届く。
毎日研究室に行ってるのに。ちゃんと研究しているのに。うぅぅぅ。

ダメぽ。

色々なプレッシャーでハラガイタイ。

プレッシャーで腹が痛くなるとか人生で初めてだ。

ある先生の一言一言によって僕のMP(Mental Point)がけずられていく。

身体的には元気だけど、精神的にへろへろな状況で魔の年末を迎える。

年末の予定
・塾の冬期講習
・修士論文の執筆、1回目提出は1月中旬
・家庭教師

心配事がこれ以上増えないことを祈るのみ。

久しぶりの更新は弱気なものになってしまったな。。。
昔はこんなプレッシャーをむしろ好機と捉えて行動できたのに何だか弱気になってしまうのは何故だろうか。

これが四捨五入30歳の弱さなのだろうか。

とにかく。

ハラガイタイ。
ti200911242200068.jpg
  1. 2009/12/01(火) 19:22:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オリオン座流星群

21日の深夜はオリオン座流星群がピークを迎えた。
じゃあ見てやろうじゃんか!という事で行ってきました。2人でw

場所はとある山。いつもは夜景スポットで賑わうはずのそこは、僕らのようなにわか天体観察好きであふれかえっていた。
東の空にはじょじょに高度を上げてきているオリオン座が。そのやや上くらいを眺めていると

キラン☆

湧き上がる歓声!こみ上げる感動!そこにいたみんなが同じ想いを共有した瞬間です。
その後は4つ程の流れ星を見ることができてたっぷりと非日常を楽しむことができました。

こういう非日常への思いは幅広い人にあるみたいで、現に様々な人が山に訪れ、空を見上げていた。そんな姿を見ると、人間の中にある普遍的な何かの存在を感じずにはいられない。
「人によるんじゃない?」
そういう文句を良く聞く気がする(確かにそれが真の場合は多い)が、
そんな時代だからこそ、みんなで共有できる感動が美しさを増してきているように思う。
一人で夜空を見上げた人、家族で見上げた人、友人と眺めた人、宇宙から見ればそれらの人達の目が星空のようだっただろう。何と素晴らしい光景か!老若男女の視線を集めるとは何ともエロティックでスター性に溢れているではないか。
壮大な自然現象が未だに支持されている。
普遍的な何かのヒントはそこにあるのかもしれない。
  1. 2009/10/23(金) 15:13:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。