「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大学生活の中で1番お世話になったバンド

FC2のリンクのつけやすさに感動して、慣れない事にチャレンジしてみたw 音楽の守備範囲が広いわけでないない僕がバンド紹介だとさ!

Travisというバンドをご存じだろうか?イギリスはスコットランド出身の4人バンドだ。
音楽好きからしたら「何をいまさらw」という声が聞こえて来そうだけどw

彼等ははじめエッジの利いたロックな曲で有名になったが、セカンドアルバムである「The Man Who」からは一転して非常にメロディアスな曲を書くようになる。僕はサードアルバムである「Invisible Band」を共にバンドをしていたTakumixのおかげで聞くようになり、以後安定してお世話になっているバンドである。
先週の水曜日に、全く曲が更新されていない自分のIPodに対して危機感をおぼえ、TSUTAYAに行く。
そこで前々からCD音源で聞きたかったTravisの「The boy with no name」を借りる。このアルバムにはYou Tubeで聞いた「My eyes」や「Under the moon light」が収録されていて、すでに僕のIpod再生回数Top25に食い込んでいる。
彼らの魅力は曲はもちろんだけど、PVも非常に面白い。歌詞はシンプルだけど、メロディーと合わさると愛であふれとります。バンドのメンバー同士の仲が非常に良いのも僕は魅力を感じます。

というわけで、僕のIPodランキングに食い込んできた「My eyes」のPVのリンクを張っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=emELbCpxDBA&feature=related
面白いストーリーになっているので、最後まで見ることをお勧めします。ちなみにこの歌はギターボーカルのフランが自分の子供が生まれた喜びに関して書いた曲です。子供ができたらどう思うんだろ?と感じてきた僕の心をくすぐります→ 歌詞
サビ部分
Pretty soon you'll see tears in my eyes. 君はもうすぐ僕の目に涙を見つけるだろう
というフレーズに心の琴線がなりまくる。
他の僕が好きな曲
Driftwood」 ←流木の意
Turn
More Than Us
おまけww
スポンサーサイト
  1. 2009/08/25(火) 00:44:25|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<給料日はウキウキする | ホーム | 京都で過ごす最後のお盆 その4>>

コメント

やっぱりDuft Punk
  1. 2009/08/26(水) 13:53:28 |
  2. URL |
  3. mocoline #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenntafujifuji.blog62.fc2.com/tb.php/134-5be0956d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。