「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都で過ごす最後のお盆 その3

高校時代の友人とサヨナラしたあと、最近の生活習慣の悪しき流れで明け方まで眠れず、起きたの3時。オワットル。。。
今日は大学時代の友人と飲み会だぁ!
合流したあと居酒屋へ。なんだか体が風邪気味でダルイ。。

てか俺以外全員彼女がいるという村八分な流れ。
U谷を結婚させようと説得するメンバー
K川のいつも通りのプレイボーイな感じに対して説教するメンバー
お酒は体調が悪くてあんまり飲め無かったけど、十分楽しかった。
社会人はみんなしんどいって言ってたけど、リア充の雰囲気ムンムンでしたよ。
CIMG0260.jpg


10時くらいに解散。次回の飲み会の予定を合わせていると、高校時代に同じクラスだったK賀さんに遭遇!ビビった。。。とりとめないことを話して、各々は解散。

その後僕は自宅に帰って、待機。
何を待機かというと、今からゴルフなのです。塾の後輩達と。
メンバーはO崎、I山そしてS見・D・拓人そして僕の4人。

山科の打ちっぱなしへ。何だか最近スランプだ。。。
白球におちょくられイライラ。
なのでドライブを提案。一同雄琴へ。ここでも既に営業時間を過ぎていたので、真っ暗な雄琴。雰囲気を味わう予定が全く失敗。O崎のiPhoneで夜景がきれいなスポットを検索すると、ガクトが昔よく通っていたという噂の「ポンポン山」へ行く事が決定。すでに夜中の1時である。

ナビを頼りにI山氏のマークⅡは夜の京都を行く。
山へ入る。
道が狭くなる。
暗くなる。
ライトを消してみてぇという。
ライトを消す。
一同鳥肌がたつほどの暗闇になる。
あわててライトをつける。
さらに進む。
道がさらに細くなる。
I山が珍しくビビる。
でも進む。夜景のスポットが分からないまま、車は進む。どうやら通り過ぎたようだ。
男たちは記念に夜中の山で、外に出て心霊写真を少し期待しながら記念撮影。
CIMG0263.jpg

下山後高槻のマクドへ。この時明け方4時。なかなか充実したドライブでした。
また明け方に帰宅し、睡眠。
オワットル。。。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/16(日) 14:05:52|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<京都で過ごす最後のお盆 その4 | ホーム | 京都で過ごす最後のお盆 その2>>

コメント

S見・D・拓人って人まさか20歳にしてどふていなんですか!?
  1. 2009/08/20(木) 11:15:08 |
  2. URL |
  3. しおたこ #-
  4. [ 編集 ]

ど、ど、ど、道程ちゃうわっ!!!!
  1. 2009/08/21(金) 18:50:45 |
  2. URL |
  3. ? #EbFvTiSQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenntafujifuji.blog62.fc2.com/tb.php/131-a3a56365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。