「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AC社への入社決定

先日(いつだったか忘れた)に、英文の入社誓約書が家に届いた。それにサインして返信したら、メールでそれが届いたことが知らされる。正式に内定完了です。

それまでに会社の人事の人と色々メールしたんやけど、返事も早くしっかりと答えてくれたのですごく好印象。単純だぁw

回りの学生は内資系なので、現在就職活動最前線。僕はひっそりと生活しています。

自分なりに就職活動を改めて振り返ってみようと思う。密かにこのブログを読んでくれている後輩へのメッセージも込めて。

業種:コンサルタント

?エントリーシート
 ESは特に対策しなかった。本屋に氾濫する「これで受かるES!」みたいなものは買う必要は全くないと思う。記述内容は、結局本質はどこも同じで、「自己PR」「なぜこの会社(業界)か?」に集約されると思う。印象としては前者の方が大事な感じ。やっぱり学生が外から見て見える企業像なんてたかが知れていて、後者はどんぐりの背比べになってると思われる。学生時代に他の学生と差別化が可能な程度で何かをしていた人は正直困らないと思う。程度としては、「学生時代にやっていて、人生にインパクトを与えたと思うことは?」の問いに対して即答で一つの事柄を挙げられ、かつそれに関してエピソードを幾つか挙げられるとOK。後はそれを上手くまとめてインパクトのあるものに仕上げればESには落ちないと思われる。
もし即答できない場合は、深い自己分析が必要だし、そのために本を買うのも一つであると思う。

?筆記試験,Web試験
 コンサルの筆記試験は他の業種に比べて難易度が高いと聞いていたので、筆記試験の1週間前に公務員用の判断推理の本を1冊買って問題を解いて、問題の回答方法を勉強した。それぐらいできてれば後は何とかなる。実際受験してみて思うのは、難易度はやはり高め。時間も厳しめなので、解ける問題をしっかり押さえる必要がある。てか筆記試験でぽこぽこ落ちるなら、この業界のどの会社受けても落ちる・爆 奇跡的に数社通ったとしても、その後のプロセスで必ず落ちる。

?ケーススタディ
 僕にとって最大の鬼門。対策は去年コンサルを受けていた友人に対策本のコピーをもらって、それを眺めたり自分でもやってみた。僕はこの段階でほとんど落ちた。正直ここでも落ちるならもうこの業界を諦めるべきポイントであると思う。ボスコンに内定もらった先輩の話でそこまでがっつり対策していなかったのを聞いても、自分の業界に対しての向き不向きが分かると思う。結果自分は向いてないことが分かった。
僕が唯一通ったのが内定をもらった会社だったけど、僕が希望する職種がそこまでこのケーススタディに比重が置かれてなかったので、受かったと思われる。ちなみに僕は経営コンサルでは無く、業務・ITコンサルで、この両者の内定の貰いやすさには越えられない壁があります。

?面接
 特に対策は無し。ESを練る段階で派生的に何を話すかというのは決まった感じ。面接時に意識したのは、簡潔さといじられやすさ。簡潔さで大事なのは、まず結論を言うこと。次に具体的なエピソードでその裏付けをしていく感じ。また、話が自己完結しないように、相手がいじりやすいポイントを作ることで話を広げていくようにした。会社のホームページや業界本や説明会を通して何がしたいかを漠然でもいいからはっきりと言えるようになってると尚よし。あとはリラックスして余裕を感じさせるくらいの雰囲気を出せれば問題なし。

以上より感じるのは、就職活動を始めた時点で、それ自体の9割終わってしまってるということ。その人の能力もそうだし、就職活動を始めてから何かがんばってエピソードを作ろうと思っても、大学生活の時間からすれば時間的にごくわずかだし大きなことをしようと思っても無理な話です。よって、したたかに何かしら頭の片隅に就活を意識しながら学生生活を送ることをお勧めする。そうすればきっとESも面接も問題無しです。実際僕はそうしてきました。残りの1割は業界研究やちょっとした筆記やケースの枠組みを勉強するくらいだと僕は思います。
別にコンサルに限らず、友達の話を聞いていても、以上のことは他業種でも共通する事だと思います。

就活を通して素晴らしい出会い(別に男女関係ってことじゃないからね!)がたくさんある!とよく言われますが、僕にはそれが正直あんまり無かったw それも含めて僕の等身大の姿なんだろうけど、ちょっと悔しいです。僕はそのステージに上がって無かったのか…ってね。
まぁ人生は続くし、会社に入ってからサラリーマン生活をエンジョイできるようにしていきたいですな。

桜がキレイです。来年の桜もキレイだといいですな。

スポンサーサイト
  1. 2009/04/07(火) 18:01:07|
  2. 集大成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<優秀な後輩 | ホーム | AC社 内々定の非通知電話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenntafujifuji.blog62.fc2.com/tb.php/10-1b86ada7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。