「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インフルエンザの本当の恐怖とは?

金曜日から体調が悪い。
けどインフルエンザ検査はしなかった。
熱もそこまで出なかったし、たぶん風邪だと言い聞かす。

しなかった(そもそも病院にはいってない)理由はインフルだと判明すると僕が内定取り消しになるから。
以下に僕がインフルだった場合の僕の思考及び行動とその結末を描く。

インフル判明
→あぁ大事なデータとか文献とか研究室だ。
→でも新型だし、みんなにうつしたらだめだよね☆行っちゃだめだよね。
→うん行かないでおこう。あっでも来週ゼミあるや。
→でもインフルだし外でれないしそんな状況じゃ無理だよね。
→そういえば完治後も体内にウイルスが残るしゼミも休もう。
→進まない研究。
→それに対して先生方からおしかりの言葉
→腹痛
→魔の年末年始に突入。進まない研究。
→より強力な腹痛。鬱状態に突入。
→かけない修士論文、修了できず。
→内定取り消し
→富士の樹海。

新型インフルエンザは何もそれ自身が持つ感染力と強(実際は弱?)毒性だけが恐怖なのではない。今回はマスコミの過剰な報道により、それを理由づけにする人間の心の弱さをも攻撃し破滅に導くパワーを有している。

マスコミはもっとそこを報じるべき。

追伸。マスクをすると人は強気になれる。
0dcbc5df.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/12/14(月) 22:00:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ハラガイタイ

最近修士論文のプレッシャーが僕に大きくのしかかっている。

会社から渡されたセルフスタディの本5冊のうち1冊は読んだけど、他は全く手をつけられていない状況。
しかも、できるなら学習計画を提出して欲しいなぁという会社からのメールに対して返信していない。。。

先週末には研究室の、ある先生からは修了したいんやんな?やる気ある?みたいなメールが届く。
毎日研究室に行ってるのに。ちゃんと研究しているのに。うぅぅぅ。

ダメぽ。

色々なプレッシャーでハラガイタイ。

プレッシャーで腹が痛くなるとか人生で初めてだ。

ある先生の一言一言によって僕のMP(Mental Point)がけずられていく。

身体的には元気だけど、精神的にへろへろな状況で魔の年末を迎える。

年末の予定
・塾の冬期講習
・修士論文の執筆、1回目提出は1月中旬
・家庭教師

心配事がこれ以上増えないことを祈るのみ。

久しぶりの更新は弱気なものになってしまったな。。。
昔はこんなプレッシャーをむしろ好機と捉えて行動できたのに何だか弱気になってしまうのは何故だろうか。

これが四捨五入30歳の弱さなのだろうか。

とにかく。

ハラガイタイ。
ti200911242200068.jpg
  1. 2009/12/01(火) 19:22:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。