「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行って良かった送別会

昨夜は大阪で仕事のあと、上本町でとある教室の事務員さんの送別会。

送別会に来られる事務員さんは、僕が初めてこの塾で仕事をした時に訪れた教室の長であった。その後も数年間色々お世話になっていたので、是非とも会には参加しようと決意していた。

が、23日にゼミの発表。光栄なことに26日に僕の研究テーマで教授が講演をするので、そのために研究をできうる限り詰めておく必要あり。参加しようかかなり悩む。

結果は思い切って出席。

やっぱ行って良かった。

久しぶりの先生にたくさん会えたし、会の主役の事務員さんはもちろん他のお世話になった方とも写真を撮る。

大事な人たちとの思い出。

Priceless

次はお世話になっている教授の顔に泥を塗らないように明日は徹夜か。まぁそれも良かろう。



僕のモチベーションは自己実現というか他者の存在により支えられている。
それもアリだと思う。


寄せては去りゆく波の如く。

呼吸も脈動もいざ知らず。

永遠なんてものは無く。

それでも僕はバイクにのって大学に行く。



スポンサーサイト
  1. 2009/07/22(水) 02:23:07|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

After the 「破」

学部時代に在籍した研究室の友人M君と共に、エヴァンゲリオンの新劇場版「破」を見てきた。
前日に金曜ロードショーで「序」が放映されていたから、きっと混雑するに違いないという仮説のもと、K森先生伝授のお先にNetという素晴らしいシステムを利用したおかげで、長蛇の列を横目にものの1分でチケットゲット☆さらには、ネット上でだいたい席も決められて、真ん中の列の真ん中で鑑賞。

出だしから圧倒。戦闘シーンの迫力。使徒の新しいデザイン。キャラの性格変化 等などアニメ版とは別物と言っても過言ではない仕上がりだった。庵野さんがおっしゃってたように、エンターテイメント性が強められていると感じた。詳しくは是非劇場で見て下され。

ただ、M君に言わせると、「エヴァの鬱成分が減っていてがっかりした。あの見終わった後の自分が何してんやろ?と自暴自棄になる感じを味わいたかったのに。」だそうだ。求めるものは人それぞれだね。

M君とも久しぶりだったから、彼の好きなラーメンをゆっくりすすりながら昔話やエヴァ話をしたかったのだが、ちょっとしたハプニングが上映中に。。。

映画が始まる前に、携帯の電源を切るのを忘れていたのに気付いたけど、
「まぁどうせ何もないやろしマナーモードにしてるしいいか」
と電源を切らずにいた。

すると映画の中盤に差し掛かったあたりで、

buuuuu...buuuuuuu....

慌てて音が周りに聞こえないように携帯を除く僕

「080********」

誰だ!?

無視無視。只今電話に出れませんスイッチを押す。

すると間髪入れず、また同じ番号から着信。

イラッ。昔、教え子に僕の番号が漏れた時に、やたらと電話がかかってきたことがあって、またそれと同じかいやぁと思って、電源を切る。

映画を楽しむ。

15分くらいしたときに何だかさっきの着信が気になって、電源をこっそりON。メール問い合わせ。
すると、僕がお世話になっている塾から、

「題名 至急連絡ください。  本文 お願いしたいことがあります。連絡ください。」

とメールが!! What's???

ただ、映画もいいところだったのでこっそりと今電話に出れないから、メールにて要件をお願いしますと送信。

すると、今日シフトに入っていた先生がドタキャンして、夜に来て欲しいとのこと。

今日を完全にOFFだと思っていた僕。急に舞い込んだ仕事。

ちょっとシンジ君の真似をしてかっこつけて僕は送りました。

「19時ですね。行きます。」送信。

僕は学生では考えられないくらいの時給を頂いていて、それは生徒達が居てくれている事で成り立っている。
その生徒の為に自分の休みの1日くらいは安いもんだ。と思うわけです。その辺りを意識している塾講師は僕の経験上稀であり、むしろ上から目線で当たり前の如く捉えている人が少なくない。まぁ正解はないとは思うけど、自分の価値観の中では前者の方が素晴らしいと思うから今回のような決断をしたわけです。ノブリス オブリージェ。今夜も素晴らしい教師たらんことを。

まぁでも、幸い映画が終わってから向かっても間に合う時間だったので、最後まで映画を楽しむ事ができた。

M君に事情を説明して映画が終わって、マッハでラーメンを食していざ大阪へ。

授業が終わり、京都に着いたの11時半。そっから寿司を友達と食う。生徒に感謝です。


僕がこの仕事で得たものは大きい。願わくばたくさんの後輩が同じ事を感じてほしいと思う。
そんな土曜日でした。

しかしJRですれ違った高校生になった元教え子がものすごく美人になっていたのはびびったww
僕に気づいて見せてくれた笑顔は
を超えていたといっても過言ではない。

人は変わる。町も景色も全部。

注! 上映中、よい子は携帯電話の電源をOFFにするんだぞ!絶対だからな!
  1. 2009/07/06(月) 01:40:46|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。