「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

積極性という触媒

就活が終わってからの僕は散々であった。
不眠症(?)にかかったのか夜は寝付けず寝たら起きれず。

そんな恥ずかしい生活の中で、五月上旬に高校の友人と交わした会話がきっかけで精神的に上昇志向になった。
彼とはまた東京で再開するだろう。うん。楽しみ。
一方で先に東京で勤め始めた友人が楽しそうなのを見ていて嫉妬の気持ちと同時にこれもまた一種のモチベーションにつながったのもあり、最近は「研究」というものに取り組んでいる。

去年は難しい事を避けながらぬらりと研究をやっていたが、せっかくの修士課程。そこは小難しツールなりなんなりをマスターするべきである。という考えに至って、積極的に自分の研究に生かせそうな小難しい論文を必死に毎日読んでいる。毎日賢くなっている自分を感じるのは気持ちのいいものです。

勉強を始めてしばらくしてから頭の覚醒を感じ、更にはもっと活動したいという行動欲が沸き起こる。上昇志向がもたらす好循環は、僕に新しい一歩を踏み出させる決意に至らせました。
それは塾講師再開のお知らせ。しかし、自分が所属していた塾ではない。個人経営の、まぁ規模はそこそこで、そこが理科講師を募集しているという情報を塾の友人から頂いたのだ。
正直研究に打ち込むためにアルバイトは控えるつもりだったが、体が働きたいとうずくのです。もしそれが決定したらたぶん週1くらいで週末に働くことになるだろう。リアルに人がいないらしく、僕ともう一人知人の先生で回す予定らしく、一つの塾の科目をほぼ全て背負うことになるのである。

なんというワクワク。

まぁ週末と彼女もいないしぶっちゃけだらだらしているだけだったから、メリハリが効いていいんではないかな。話が流れたら凹むなw

以上を読んだらすごく寂しい人に思われるかもしれないんで、補足すると週1,2で遊びに誘ってくれる後輩がいてゴルフなり卓球なりも楽しんでいるし、研究室の友人とも最近になってよく晩御飯を共にすることが多くなって充実しています。なぜかM1にも知り合いができてこれから暖かくなってきたときのイベントが楽しみです。

でもこっそり睡眠薬に手を出してしまい、それがなくなったときが心配。あぁ禁断の錠剤。でもサンクス。


暖気は僕に元気を与え、再び歓喜の機会。このタイミングを逃してはならない。

↓写真は最近よく遊んでくれる塾の後輩の一人O君と讃岐うどんを団体で食いに行ったときの1枚。
くだらない事を覚悟で言うと、僕らはお互いのことを白う○こと黒う○こと呼び合う仲です。


スポンサーサイト
  1. 2009/05/24(日) 03:41:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。