「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AC社のGD

今日はAC社のGDがあったので、大阪の淀屋橋に行ってまいりました。

GDは初めてだったので、ドキドキしながら現地へ。
学生控室に入ると、そこには想像以上の人が。。がやがや
なんだこの人数は。。

自分のチームらしき人達と固まって軽く自己紹介をする。
メンバーはなんと8人もいて、みんなコンサル業界にそこまで興味がない感じ。

まぁいいかと思いつつ時間がやってくる。

部屋を移動後、人事の人がやってきてお題の発表。

「高層ビルのエレベーターの満足度を上げるためには?」

なんじゃそりゃw

「まぁとりあえず、お題の定義付けからやっていきましょうか。」
と提案するも、GDに慣れてない人ばっかりなのか、的を得ない発言ばかり。

コレハマズイ

なのでいわゆるまとめ役に徹してみた。

「その意見はすごく面白いですね。それで、たぶんそれはさっきの~につながってくると思うんですけど、だから次は○○な方向でみなさんの意見を聞きたいんですけどどうですか?」

という風に言いたい放題の人の意見を否定せずに、議論をなんとか発散させない方向に持って行っていたけど、途中から言うのがめんどくさくなって最後の方は諦めて議論がぐちゃぐちゃになるのを眺めていました・汗

まぁでもGD後に、背の高い京大生といっしょに帰ってたら、「あの中で藤村さんがだんとつ存在感出してました」っていってもらえて、1回目にしては上々の出来ではないかなと。そして最後に「今日は藤村さんと会えただけでGDに来た価値がありました。ありがとうございます。」って言ってくれたときは、無くしかけていた自信を少し取り戻せた。

通ってるといいな。。。でも、やっぱりB社には行きたかった。もっと早くから準備しとけばヨカタ。。。

自分を客観的に見たければ、自分の環境こそが一番の良い例であると感じる1日でした。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/09(月) 23:03:28|
  2. 就職活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先生と呼ばれた日々

それが転じて今や数社から
「藤村様の今後の。。。お祈りします。」
と祈られる日々。

筆記,面接は落ちない。

けど。けど。

ある特殊な採用プロセスでことごとく落ちてるのだ。

今のところ2/2

おそらくそれが3/3になるであろう。

昨日その3つ目の会社の選考に行ってきたんだけど、そこは塾のバイト先の先輩が数年前に就職したB社。
自分が受けてみて思うけど、やっぱりその先輩はすごかったんだな。と。
試験の前にちょっとした説明があったけど、そこの会社の人はしゃべってるのを聞いているだけで魅力を感じる。
行きたかった。けど無理です。

そして僕にはこの業界は向いていないと気づく。
小論文。原点は作文か。もっとやっときゃよかった。

明日は同じようでちょっと違う業界のAC社のGDです。
なんだかもういいような気がしてきたけど、一応お誘いいただいたから礼儀として行っとこう。
何か発見があるかもしれない。

先生!先生!

その言葉は何よりも甘く響き、足元を見えなくする。

ただいまの就活戦績
挑戦:6社  落ち:2社  選考中:3社

ぶっちゃけ空を飛びたいです。

  1. 2009/02/09(月) 02:11:54|
  2. 就職活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。