「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こちらこそ

6年間身を捧げた塾の業務が終息に向かいつつある。
本気で塾に身を捧げ始めたのは3年前から。
それから1年ごとに自分のできることが増えてきて、今年はいろんなものを残せた。
やっぱり具体的な形となるものを残せたのは本当に良かった。それは自分だからできたこと。確かな足跡を残せた。
この充足感は得難いものでないかなと感じる。

もちろん十分にできたzeと感じる年は無く、むしろ迷惑をかけたことの方が多い気がします。
後輩にもいろいろと面倒をかけたと思います。
次の1年は前の1年よりも満足できる年に。

ならば新年度もがんばりましょう。

そう色んな人から誘いを頂いたけど今期で本当に終わりです。

たくさんの人に出会って、たくさん学んでたくさんへこんだ6年間。
本当にありがとう。

このバイトを通していろんななものを得て失った。
失うのは悪い事じゃない。リスクのない成長は存在しない。
ふわふわ浮ついた僕を地上に足をつけて自分の足で歩くようにしてくれたこの会社に感謝。


この仕事をしていて一番充足感を感じたのは、

年々 「ありがとう」 と言ってくれる人が増えたこと。

最初は小さなクラスの部分的な生徒から始まり、今や大きなコース全体の生徒が僕の名前を知っていて、ありがとうを言ってくれる。色んな先生が言ってくれる。ありがとうの言葉は僕の原動力なんだな、と認識させてくれた。小学生に偉そうにする時間は終わった。今度は僕が学んだことをフルに使って走り出す時だ。

僕は言いたい

「こちらこそ本当にありがとう」


生徒にあげたカイロがこんな形になって返ってきました。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/20(火) 23:19:34|
  2. 集大成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。