「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後100日 踊れたい焼き君

今日は目標としてた「右脳式 物理化学演習」を1部を除いて一通り終わらせた。
一方で有機化学はソロモンをやっているが、これは5分の3ほどまできました。一応順調なんかな?

てか僕が行きたいのは京都大学エネルギー社会科学研究科と言う所なんですが、必要なのは生物学、物理化学のごく狭い範囲と英語と小論文。まぁ備えあれば憂いなしということで、落ちたときのために広く勉強しておくのは悪くないよね。

1番困るのは英語。英作をしても、誰に採点してもらったらいいやら。何から手をつけたらいいやら。
手探りの日々です。

話が飛びますが、こんな勉強の日々なんで、毎日のように昼と夜は学食。学食。学食。学食。
学食メニューの中でもマイブームは、「たい焼き」
出来たてとかじゃなくて、とっくに冷めているのですが美味しいのです。

冷めても美味しいものって本当においしいもののような気がします。

その点マクドとか油だらけのラーメンとかは冷めたら食えたものじゃない。ラーメンとかはどうも熱で舌が麻痺して正確な味が感じられなくなっているらしいですね。つまり2行上の事を真とすると、そういった食べ物は真に美味しいというわけではないのです。

かなり感覚的でこじつけですが、僕の経験則から導かれたポリシーです。
「冷めても美味いモノは本当に美味いモノ」

そういえば、母親が作ってくれたハンバーグは冷めても美味しかったなぁ~。母は偉大ナリ。

これからもたいやき君よろしくね。僕は暫く踊らされます。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/19(土) 00:03:46|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。