「けんた」のけんは宮沢賢治の賢。

集大成はいつだって必ずやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2年が経ちました。

最後のブログ更新から、もう2年以上経っていましたね。
もはや更新する意味すら疑われる今日この頃です。

この2年間。大学時代の2年間とは違った意味でいろいろありました。

入社したての時に仕事で失敗したのはいい思い出。
心配をよそに、今年の9月に無事昇進しましたよ。
それに加えて結婚して、子供もできて、色々と順調に見えますが、
正直の所、心にもやがかかってます。

遅めの夏休みも終わり、
風呂で一度この5年くらいを振り返ってみる。

多分今の自分はたるんでる。
それがゆえに行動もたるんでる。

社会人3年目。

あの頃の想いでやりますか。

以上、決意表明。

1か月前は28歳の誕生日。
1カ月後に結果発表。

スポンサーサイト
  1. 2012/10/08(月) 23:43:25|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

休みの夜明け

大分久しぶりの更新ですな。

ちょうど一年前くらいから開始した関東生活。
慣れるどころか、逆流性食道炎→インフルエンザ→逆流性食道炎
と体調には良い所が無しでした。

仕事でも、H学園のキャリアなんて微塵も感じさせないほど、
毎日が勉強(凹まされる)の日々でした。

逆流性食道炎をかかえたまま、
ワタクシは4月から1カ月休みに入っとりました。
途中、1週間ばかり働きましたから、ほぼ1カ月で間違いないはず。

桜を見に行ったり、後輩のお祝いをしたり、ハワイにいったり、
四国に行ったり、、、etc

さながら院生卒業後のニート期間のように満喫できたのではないか。

さて。

明日からまた仕事が開始するのだが、
開始にあたって、決意表明として今日記を書いている次第です。

上司の人に、
「今後、最低2年間はこのプロジェクトにいてくれ。
そして、できれば2年後はプロジェクトの中心メンバになってくれ。期待しているから。」
とのありがたくも怖い声をかけていただいた。


そのお誘いに応えるか悩んだ。

何故悩んだかと言うと、
2年という長い年月を選択することは、
自分のキャリアにとってどうなのだろう、ということ。

悩んだけど、結局2年間やりぬいて見ることを決意。
理由は2つあって、1つは他に特にやりたいことがないからw
まぁ、まだ自分で選択できるほど、社会人として視野が広くなっていないのです。

もう1つは、今のプロジェクトには、
本当に凄い人ばっかりで、まだまだ吸収できそうなことがいっぱいあるから。
盗むだけ盗んでやる。

そして、選択することで覚悟を決めた僕は、
また明日から激務の波に飛び込んでいく。

生きるか。

死ぬか。

2年後に、京都に帰っていたら、
それは僕が1度死んだということ。
別に恥じることではないと思うけど、
今はそうならないように頑張ろうと思う。

最近、昔の自分(主にH学園の講師時代)と、今の自分(A社在籍中)
を照らし合わせて、色々と考えることがあったから、
また元気だったら更新します。

明日に備えて寝なければ。。。

Boom!(最高↓)

  1. 2011/05/09(月) 01:41:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

頭があがらなさ過ぎた話

最後の日記からもう2ヵ月経っている事に愕然とする。

研修後の僕はと言えば、
1カ月のアサイン待ちを経て、9月にやっと某プロジェクトにようやく配属された。

そこでの仕事は、僕が思い描いていたものとはちょっと違っていて、周りの同期がすごく羨ましく見えた。

そういう心のスキを、神様は逃さなかった。

そう。僕は仕事で大きなミスをしたのです。
そのミスによって、多くの人達に迷惑をかけてしまいました。
学生のときでは考えられないような責任を背負っているのだと痛感した。

しかし、外資と言えば生き残り競争がし烈が故に、ミスをすればキャリアに大きなマイナスになると覚悟していた僕でしたが、
その予想は良い意味で裏切られた。
強く怒られるかと思いきや、すべての先輩が
「なぜミスがおこったのか。」
という視点に立って、ミスの根本原因を探るような姿勢で問題に臨んでくれていた。
揚げ足取りとかじゃなくて、
「罪を憎んで人を憎まず」
という先輩のお言葉通り、非常に意識の高い人達ばかりだった。
尚更頭があがらなくなった感はあるが・笑
色々周りのこの会社に対する評価はあるけど、
僕は「人」に関しては本当に素晴らしいものがあると感じています。


自分が原因で発生した問題により、自分含めて多くのメンバーが忙しくなり、
タクシー帰りや始発帰りも増えていましたが、
どうやらそれが先週でひと段落した感じ。

ホッとしていたのもつかの間、上司の人から呼び出しをくらう。

「ああ、俺どうなるんだろう」

とビクビクしながら、上司に話を聞きに行く。
口を開き始める上司。
最初にうちの会社の年次評価について話し出されたから、
「来年は覚悟しといた方がいいよ。」
っていわれるのかなぁっと凹んでいた。

うちの会社では、年次評価で給料や昇進が決まる。
ミスした僕は当然低いものと考えていて、そのリカバリについての話かな
と僕は思っていたのです。

でも、上司の話の内容は違った。
「年次評価のうちの、上半期評価についてこの前会議があったんだけど、
島崎君にはいい評価をつけているんですよね。」

「????」

正直何がなんだか分からなかった。
思わず、何故かと質問すると、

「新卒を結果では判断しなくて、
会社で規定されている基準に対してどのように取り組んでいるかを見ています。
その点において、島崎君はいい評価だということです。」

上司は続ける。

「1カ月くらいだけど、島崎君を見ていてそういう評価にしていて、
12月に予想される重要な案件では、素晴らしい貢献を期待しているからね。
だから、それまでしっかり今足りない物を補う勉強をしてね。」

ですって。

嬉しかった。
と同時に、期待に応えなければ。
という使命感も湧き上がってきた。

さぁ集大成の1つは用意された。
あとはそれまでの過程をどう埋めていくか。
やってやんよ!!!

僕は元気です。
IMGP1219.jpg
  1. 2010/10/12(火) 23:21:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。